山口県山口市のロボットスーツHAL®を使用したトレーニング施設です。最先端ロボットとスタッフがあなたに寄り添ったサポートを行います。

やまぐちロボサポートセンター

Facebook ご予約・お問い合わせ

HAL®とは?

HAL®について

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)は、身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる、世界初※のサイボーグ型ロボットです。

身体にHAL®を装着することで、「人」「機械」「情報」を融合させ、身体の不自由な方をアシストしたり、いつもより大きなチカラを出したり、さらに、脳・神経系への運動学習を促すシステムです。

※ WIPO(世界知的所有権機関)にて、本国際特許はNotable Inventionに認定されました。

【CYBERDYNE社ホームページより引用】

主な対象者

・脳卒中後遺症
・脊髄損傷(不全麻痺)
・進行性神経疾患
・廃用症候群など
・基本的には立ち上がりや歩行に不安を感じている方、補助を要する方

HAL®対象の方

・HAL®の適用サイズの方
・著しい関節(変形・炎症・脱臼)障害のない方
・動作の手順や注意点などのご説明をご理解いただける方
・中等度以上の運動失調のない方、明らかな不随意運動のない方
・介助のもと立位姿勢が保つことのできる方
・1人で座位姿勢を保つことができる方

両脚型(Sサイズ) 両脚型(Lサイズ)
適応身長 145〜165cm 165〜185cm
大腿長 35.0〜39.5cm 39.5〜44.0cm
下腿長 33.0〜40.5cm 37.5〜45.0cm
靴サイズ 22.0〜27.0cm
腰幅 27.4〜30.0cm
体重制限 40kg以上80kg以下

※ 靴は片脚ごとでサイズを変えて使用することができます。
(例:むくみが強い場合,短下肢装具を装着して運動を行う場合など)

注意事項

・妊娠中の女性
・ペースメーカーなど能動的埋め込み機器を体内に埋め込んでいる方

※ その他、高血圧や骨粗鬆症のある方などは、一度主治医へ相談して頂くことがございます。

HAL®の動作原理

「歩きたい」と考える
step01

人が身体を動かすとき、まずは脳でその動作を考えることからはじまります。「歩きたい」と考えることで、脳は神経を通して必要な信号を、その動作に必要な筋肉へ送り出していくのです。
健常者の身体では、脳から送られた信号を、それぞれの筋肉が受け取ることで、考えた動作に合わせて必要なチカラの分だけ筋肉を動かすことができます。

HALが脳から送られてくる信号をキャッチする
step02

脳から神経を通じて筋肉へ送られた信号は、非常に微弱な信号“生体電位信号”として、皮膚表面から漏れ出してきます。
HAL®は独自に開発したセンサーを皮膚に貼り付けるだけで、その“生体電位信号”を読み取ることができます。
その他、さまざまな情報を組み合わせて、装着者がどのような動作をしたいと考えているのかを、HAL®は認識しているのです。

あなたの意思通りにHALが動く
step03

HAL®は“生体電位信号”を検出し、人の思いどおりに動作する「サイバニック随意制御システム」と、“生体電位信号”を検出できなくても、人のような動作を実現する「サイバニック自律制御システム」の2つを混在させることで、装着者の動作をアシストします。
この技術こそが、HAL®のベースとなる先進テクノロジーなのです。

脳が体の動きを再学習する
step04

人の身体を動かすメカニズムは、筋肉を動かすだけにとどまりません。脳は実際に体が、どういう信号でどのように動作したか、確認を行います。HAL®を用いて“歩く”という動作を適切にアシストしたとき、 “歩けた!”という感覚のフィードバックが脳へ送られます。
これにより脳は“歩く”ために必要な信号の出し方を少しずつ学習することができるのです。
これこそが、例えば足の不自由な方がHAL®なしでも歩くことができるための、「大事な一歩」につながっていくのです。
動作に対する正解を脳に教えてあげることのできる唯一のロボット、それがHAL®なのです。

※「CYBERDYNE」「ロボットスーツ」「ロボットスーツHAL」「HAL」は、CYBERDYNE株式会社の登録商標です。