山口県山口市のロボットスーツHAL®を使用したトレーニング施設です。最先端ロボットとスタッフがあなたに寄り添ったサポートを行います。

ロボサポート山口株式会社 やまぐちロボサポートセンター 脳梗塞・脊髄損傷のリハビリ・トレーニング

山口県山口市の最先端ロボットを使用したトレーニング施設です。
HOME トレーニングの流れ ロボットの種類 お客様の声 トレーニング実績 Q&A アクセス お問い合わせ 電話をかける

ふくろう

やまぐちロボサポートセンター やまぐちロボサポートセンター
やまぐちロボサポートセンター やまぐちロボサポートセンター

やまぐちロボサポートセンターには「ふくろう」の絵が飾られています。 「ふくろう」は「不苦労」「福来朗」とも書くようで縁起の良い生き物です。 この絵はセンターの開所時にある方からお祝いで頂いたものですが、 作者は下関市の画家坂田明秀先生です。 大変明るく元気の出る絵ですが、さらに書いてある言葉に心を打たれます。 「偶然の幸せはひとときのもの、不動の幸せは日々の頑張りについてくるもの」 新しい事業の船出にあたって頂いた言葉のようでもあり、 またここでトレーニングに励まれる皆さまに対するエールでもあります。 坂田先生が下関大丸で個展を開かれるということで、お礼に伺いました。 すると坂田先生が、筆を執って一筆、これまた大変良い言葉を頂きました。 「なにごともはじめは小なり ひとつの大事さ ひとつの努力 ひとつの輝き ひとつの喜び すべてのことはひとつづつ」 当センターでは最先端のロボットをご活用いただいていますが、お身体が急激に良くなるというものではありません。 それでもトレーニングに励んでいらっしゃる皆さんは少しずつでも着実に良い方向に進んでいらっしゃいます。 まさに「ひとつづつ」、毎日の積み重ねの先にはきっと「不動の幸せ」が待っていることでしょう。 心からそう感じる今日この頃です。 山本 喜代人